チャットワーク使い始めました!

チャットワーク!

実は、チャットワークを知ったのは昨年です。
とあるセミナーで、チャットワークの紹介がありました。
この時は、会社で導入すれば便利だろうと思いました。
しかし、同時にグループウェアとどう違うのか?
とも思ったのです。
その時の、チャットワークの説明が、企業向けであったため、ビジネスプランの説明がほとんどだった事が影響していると思います。
正直、その時は注目をしていませんでした。
今見ると、他のグループウェアに比べても格安ですよね。
ユーザー数10人で1980円/月って安すぎます。
 

チャットワークの凄さ!

たむとしさんに教わって、その威力にびっくり!
たむとしさんは、田村智史さんは、Google+で13000人もの人にフォローされている強者です。
https://www.facebook.com/toshifumi.tamura
チャットワークは、チャットと言うか、リアルタイム掲示板って要素が強いツールです。
個人同士でメッセージの交換を行なう事もできますし、グループチャットを行なう事もできます。
タクスが設定できるのが特徴で、グループチャットで行なった会議をタクス貸し、そのタクスをメンバーに投げる事が可能です。
そのタクスは完了されたかどうかがわかりますので、プロジェクトの進行状況がわかると言う訳です。
これはまさに、個人の時代のビジネスツールと言えますね。
チャットワークだけで、プロジェクトを幾つも進行している方もいらっしゃると言う話。
神田昌典さんも、導入していると聞いています。
 

住みたい所に住み、やりたい仕事をやる生き方

いろいろな方が「地方へ」ってメッセージを発信しています。
自分が住みたい所にすんで、都会の仕事をする。
チャットワークで、プロジェクトを進めていいくことで、様々なプロジェクトに参加できます。
距離の離れた所から参加できるので、距離を超える事ができます。
何回かに一回は会うにしろ、報告会の様な事務作業はクラウド上でやってしまった方が効率的です。
 

チャットワーク!チャットワークいろんな会で便利です

仕事に限らず、趣味であったり、ボランティアであったり、いろいろな会合でチャットワークを使うと便利です。
グループチャットの内容はアーカイブされていきます。
時系列に並べれば、引き継ぎ前の人がどの時何をやっていたかがわかります。
毎年、メンバーが後退する会なんかで導入すると便利です。
私は、PTAをやっていましたが、これがあれば便利だったなって、そう思います。
 

Follow me!