勝負は刀の鞘のうち

グローバルに活躍する企業がある。
日本の企業でグローバルに進出している企業には特徴がある様に思う。
その特徴とは自分たちを変えることのできる柔軟性。
自分たちを過信せずに、どんどん郷に入っていくところではないかと思う。

お客様に合わせて商品を変える応用力を活かせる

おそらく、グローバル企業だけではない。
全ての商売が、お客様の欲しい物を売ることが、成功できるかできないかの境だと思う。
グローバル企業は、それが顕著に出る。
自分たちの製品を現地に合わせる様に変えるか、自分たちの製品がどの様に進出国の人達に合うかを考える。
ほらいいだろう、売ってやるぞでは商品は売れない。
文化や社会情勢の違う異国ならそれに気付くかもしれない。
しかし、ずっと住んでいる自分の国では気付かないことが多い。
自分たちが売っている商品が、どうお客様に役立つのか。
それを示して提供しないと売れるわけが無いのだ。

肌感覚を大切にする

お客様が何を欲しがっているのか。
それは数字ではっきりと出る物ばかりではない。
だから、現地での肌感覚を大切にするというのがグローバル企業ユニチャームの社長高原豪久氏。
ユニチャームは、世界の81カ国以上で紙おむつや生理用品などを売っている。
商品は、現地の需要に合わせて変更する。
どんな商品をお客様が求めているかを調査する。
そして、最後は肌感覚だと言う。
其の土地に行ってみて、現地で短い時間でも住んでみる。
するとわかる肌感覚があるというのだ。
実際にお客様が欲しい物を、役立つ情報と共に売ることができれば必ず売れるということだろう。

Follow me!