WordPressで安易に更新してはいけない理由!

WordPressバージョンアップする時に注意しておく事!

wordpress今や、独自ドメインでブログを運営する時に何でブログを構築するかって言うと、やっぱりwordpressでしょう。
少し前には、Movable typeでした。
私が最初にブログを構築し始めた頃、wordpressはテーマがまだ少なかったのです。
しかし、あれよあれよという間にテーマも増えましたね。
いまや、選びたい放題で、無料のテーマが公開されています。
そんな、WordPressにも落とし穴がありました!
バージョンアップ
これが出ていたわけです。
いままで、アップデートはしない主義でした。
アップデートすると不具合が発生する事は、ソフトを扱う仕事をしていると自明の理ですから。
でも、この日何を思ったか、更新してくださいリンクをクリックしてしまったのですw
 

サーバーエラー /wp-admin/upgrade.php?_wp_http_referer=%2Fwordpress%2Fwp-admin%2Fedit.phpを取得中にウェブサイトでエラーが発生しました。

ワードプレスエラー
サーバーエラー /wp-admin/upgrade.php?_wp_http_referer=%2Fwordpress%2Fwp-admin%2Fedit.phpを取得中にウェブサイトでエラーが発生しました。ウェブサイトがメンテナンスのために停止しているか、正しく設定されていない可能性があります。
そう表示されたのです。
おお!やべぇ!
ブログ止まってるのかな?
そう思ってこのサイトhttps://www.batorufield.com/に再度アクセスしました。
すると、ブログ自体は表示されます。
ブログは平常通りに表示されるにも関わらず、ダッシュボードを表示させる事ができません。
ためしに、するぷろやMarsEditでアクセスして更新すると、更新可能である事がわかりました。
これは困った!
記事更新が出来たとしても、テーマも変える事が出来ないばかりか、更新以外のなにも出来ないのです。
 

トラブルは勉強の始まり!

トラブルが起こったら、まず「面白くなってきた!」
これは、億万長者でリタイアしている菅野一勢さんの言葉です。
私も、この本を読んで、なるほど!って思いました。
怒りで頭をいっぱいにしても、解決するわけでありません。
冷静に楽しめば、トラブルはチャンスになるのですね。
まず、は勉強です。
トラブルは、勉強の始まりです。
おまけに、ブログのネタになるw

困った時は、やはりGoogle先生

やっぱりグーグル先生に聞いてみましょう。
https://infotec.roof-balcony.com/wordpress/update3-4-1/
答えからと言うと、こちらのブログが全てでした。
あるいは、こちら
https://template-ds.com/cool/m/wordpress-34-b.php
ダッシュボードが表示されなくなった原因は、間違いなく
「DB Cache Reloaded Fix」
このプラグインが引っ掛かっていたからです。
対処法は、プラグインを退避して、さいど導入するだけです。
1.まず、以下のデータをローカルにでも退避させます。
・/wp-content/db.php
・/wp-content/plugins/db-cache-reloaded-fix
ここにプラグインの設定があるようです。
2.上記のファイルとフォルダを削除します。
3./wp-admin/にアクセスする。
すると、ダッシュボードが表示されました。
実は、これだけでは、動きがおかしかったのですが、新規ページをとりあえずテストで更新すると正常になりました。
4.先ほどの退避ファイルを再度アップロードします。
5.「DB Cache Reloaded Fix」を再度有効化する。
以上で、ダッシュボードは修復されました。
 
今回のトラブルで、WordPressのバージョンアップで必要な事がわかりました。
ここに至までに、手動でバージョンアップする方法を調べました。
これにより、様々な事を勉強できました。
トラブルが起こったら「面白くなってきた!」ですね!

Follow me!