ヤマダ電機赤字、スマホで価格comで値段見て交渉しますものね

ヤマダ電機が赤字ってニュースが経済ニュースとして流れています。
要因は、通販との価格競争だと言われています。
確かに、スマホが普及している現在、スマホで価格comを見ながら交渉したりします。
交渉してもらうのはまだいいのかもしれません。
交渉すらせず、ネットの方が安いねって帰ってしまう人も多い訳です。
 
家電量販店で試してみて、ネットで買う
電気製品って試してみたくなるって事あると思います。
だから、家電量販店に言って、お試しで使ってみて、ネットで買う。
そんなパターンが増えているのではないでしょうか。
 
実店舗のあり方が変わるかもしれません
実店舗の役割が変わるかもしれないと思っています。
ヤマダ電機も、ネットで商品を販売しています。
収益を考えるなら、ネット販売割合を増やしていく事は考えられます。
実店舗は、お試しの場と割り切った店舗運営も考えられるわけです。
実店舗では、商品を販売しないという形態です。
実店舗で試したら、横にQRコードが掲載されていて、ネットの店舗で注文してもらう。
実店舗は展示場にするわけです。
在庫を各店舗で持つ必要がなくなり、大幅に販売員を減らす事ができるでしょう。
実店舗に入るのは会員制で、メアドの登録が必要。
もちろん、メアドにダイレクトメールを送れますから、採算が合うかもしれません。

Follow me!