夢を語り合う会ってやってみたい!

はじめに言葉ありき!

言葉にだった事は、現実に叶う。
日本では、言霊とでもいうものでしょうか。
実際に、夢をノートに書く、言葉に出して言う。
頭で想像するだけでなく、行動に出して夢を表す。
しると、その夢は叶う。
演説
マーク・フィッシャー氏の著書「成功の掟」にも登場します。

「いちばん大切なのは、それがいかにも真実であるとうふりをすることじゃ。
なぜこれが潜在意識に対して有効なのか?
潜在意識は強力だが、真実と虚偽との区別がつかないからだ。・・・・
「しかし、意識と潜在意識の間に葛藤が起きた場合はどうなるのですか。
僕の意識が、”金持ちのなれる”という考えをどうしても受け入れられないとしたら?」
「唯一の解決策、それも確実で早い方法がある。それは復唱じゃ」
「復唱?」
「さよう。このテクニックは、一般に”自己暗示”と呼ばれておる。」

 

口に出して復唱をくり返すと、脳に自己暗示をかける事ができる。

この暗示は、人間の行動を決めていくわけです。
人生は、毎日がなけなしのお金を賭けていくギャンブルみたいな物。
掛け金をベットしないと、成功は有り得ません。
何の苦労も無く成功していく人を良く観察してみましょう。
彼らは、何もしていない様に見えて、何時いかなる時も、何かを賭けています。
同じチャンスを目の前にしても、普通の人は賭ける事ができない。
賭けなければ、負けもしないけど勝つ事も無いわけです。
それで、負けても動じません。
次のチャンスに賭ければ良いと思うだけです。
次のチャンスがもう目の前に会って、掛け金を賭けるか賭けないかの判断を迫られる。
 

チャンスをチャンスと認識して賭けるためには、潜在意識を味方につけよう。

賭ける時も、賭ける物もわからないし、わかっても賭けていいものかわからない。
潜在意識を鍛え上げていれば、無意識のうちに賭けている。
それをくり返しているうちに、賭けに勝つわけです。
と、理屈で考えるより、言葉に出して実践すればすぐわかる事です。
 

夢を語り合おう!

夢を叶えるための方法として、更に有効であるであろう方法があります。
それは、夢を人に語る事です。
他人に夢を語る。
この事には2つの効能があります。
一つは、自分自身に刻み込む事。
人前でいうと言う行為が、緊張を高め、潜在意識に深く刻み付けます。
2つ目は、人からも認識されるという事。
周りの人が、あの人はこういう人だと認識し、そういう目で見ます。
すると、知らず知らずの内に、自分はそんな人間だと強く刻み付けられます。
 

人間は、2つの方向の認識で形作られる。

人間がこの世に存在するためには、2つの認識が欠かせません。
1つは、自分自身で自分を認識する事。
2つ目は、他人に認識される事。
この二つの認識で、人間は形作られています。
2つの認識を変えると、人間その物の存在が変わります。
 

だから、夢を語ろう会!

この強力なメゾッド、夢を語るという事。
このメソッドで注意が一つ。
自分の夢も、他人の夢も、絶対褒める、けなさない。
せっかく植え付けられた、自己の認識を、破壊しかねません。
強力であるが故に、破壊されると大変な事になります。
他人の夢に共感し、自分の夢を熱く語る会。
そんな会を開いてみたいと思います。
熱く語れば、それが現実となる。
どんどん自分と言う認識が書き換えられ、設定が書き換えられる様に人生が変わる。
そんな会に出席してみたいと思いませんか?
 
 

Follow me!